大人の趣味として写真・カメラがオススメな6つの理由!

大人が写真・カメラを趣味にしたい理由

最近、大人の趣味として注目を集めているカメラ・写真。きっとあなたも、カメラや写真に興味をお持ちになって、当ブログに足を運んでくださったかと思います。

でも実際のところ、「カメラ・写真を趣味にするとどんなメリットがあるんだろう?」という疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、カメラ・写真を趣味にして2年近く経つアマチュア週末写真家の視点から、大人の趣味にカメラ・写真がおすすめの理由をまとめました。趣味にカメラ・写真を取り入れようかとお考えの方は、ぜひご覧になってみてください!

コンテンツ
  1. 思い出を美しく記録できる!
  2. 身近な人に感謝される!褒められる!
  3. 交友関係が広がる!
  4. 休日に外に出かけるのが楽しみになる!
  5. クリエイティブになる!頭の体操になる!
  6. 撮った写真がお金に?副業にすることもできる!

[まとめ] カメラ・写真、やりたくなってきた?

1. 思い出を美しく記録できる!

時は常に過ぎていくもの。未来には進めても過去に戻ることはできません。大切な家族や友人との楽しい時間・子どもの成長していく姿・変わりゆく自然の風景は、まさにその時だけのものです。その時間はもう戻ってこないのです。

家族写真

ただ、戻ることはできなくても、その時の記録は残すことができます。それを可能にしてくれるのがカメラであり写真です。カメラ・写真はその時の家族・子どもの笑顔や、感動した風景のありようを簡単に残してくれるので、思い出を大切に残したい人にとってぴったりな趣味と言えます。

サンタモニカのオレンジ色のグラデーション

2. 身近な人に感謝される!褒められる!

カメラ・写真をはじめて本当に良かったと思う理由としてここ最近物凄く思うのが、身近な人に感謝されるということです。

友人の結婚式・披露宴にゲストとして呼ばれ、その際に写真をたくさん撮って後日渡してあげると、とても喜んでくれます。自分の趣味で人を喜ばせてあげられているんだなと、私自身も嬉しくなります。

A7iiiは軽量&コンパクト

もちろん結婚式・披露宴ではプロのカメラマン・フォトグラファーの方がいらっしゃる場合もあるかと思いますが、友人という心理的距離間だからこそ撮れる笑顔があります。結婚式フォトブックの表紙に、プロの方の写真ではなく私の写真を使ってくれた時はまさに感無量でした。

また、私はたまに友人の家族写真・子ども写真も撮ることがあるのですが、その時も写真の出来栄えにとっても喜んでもらえます。その喜びが連鎖して、友人の紹介の方の家族写真・子ども写真を撮りに行くことがあるほどです。

人を笑顔にできる趣味としても、カメラ・写真はとても素晴らしい選択です!

家族写真

3. 交友関係が広がる!

趣味が増えるということは、同じ志向を持った人達とのつながりが増えることも意味します。つまり、新しい出会いがあるということですね。

社会人カメラサークル、撮影会や有名な撮影スポットで他の写真家さんと出会ったり、SNSのフォロワーとしてつながったりなど、交友関係が広がっていきます。また、ポートレートを撮っている場合はモデルさんとの交流が広がります。

普段は店舗・オフィス・工場・営業周りなどで消耗している多くの大人たちにとって、カメラ・写真は新鮮な出会いを与えてくれる素晴らしい趣味ですよ。(恋人を作りたい人にもオススメかも!)

4. 休日に外に出かけるのが楽しみになる!

散歩や旅行など、出かけた場所には必ず風景が存在します。そうした中、自分が気に入った風景を記録するのに写真撮影は持ってこいとも言えます。

春の小湊鐡道

色々な風景を撮影していくことで、「今日はどんなものが撮影できるんだろう」、とワクワクを感じるようになり、出かけるときの楽しみが増えます。

せっかくの休日を寝て過ごしてしまって、「あ、また寝てただけだった」と後悔することが少なくなりますよ!私もカメラ・写真を始めてから余暇が充実するようになりました!

東京スカイツリーと河津桜

5. 頭の体操になる!クリエイティブになる!

フォトグラファーは、被写体にカメラを向けてシャッターを切っているだけだと思っていませんか?実はそうではないのす。

その場の状況(明るさ・照明の色・被写体との距離)や制約(機材の限界など)などと自分の撮りたい写真のイメージを突き合わせ、どのような構図・設定で撮ればいいか頭の中で高速で判断しているのです。

ですので、写真を撮るということは頭の体操そのものなんですよね。

また、「こうするともっと写真が面白くなるんじゃないか?」ということを常に模索するようになります。暇さえあれば、撮影のアイディアを考えるようになりました。カメラ・写真を通じ、想像力が鍛えられますよ。(仕事に活きるかどうかはまた別の話…)

HVL-F45RMで夜の雨ポートレート

6. 撮った写真がお金に?副業にすることもできる!

カメラ・写真のスキルを極めていけば、それをお金に変えることも可能です。趣味でお小遣い稼ぎができると、一石二鳥ですよね!副業には、例えば以下のようなやり方があります。

  1. 祝い事(ブライダル・成人式・七五三など)や各種イベントで、写真を撮ってほしい人から依頼を受ける
  2. ストアカなどのワークショップで初心者向けのカメラ講座を開催する
  3. PIXTAやFotoliaなど、写真を販売できるサイトに登録して、自分が撮影した写真を販売する

私も友人や友人の紹介で写真を撮ってほしいと依頼を受けることが時々あります。私はそういう場合お金は受け取らないようにしているので、お酒・お米・お菓子の詰め合わせ等を頂くことが多いです(笑)

[まとめ] カメラ・写真、やりたくなってきた?

カメラ・写真は、これと決まったルールも無く、楽しみ方は多種多様です。

風景を中心に撮るのも良いですし、ポートレートを中心に活動していくのもありです。自分に合った撮影スタイルで自由に楽しんでいけます。

このように、さまざまな点を考慮してカメラ・写真は本当に魅力的です。あなたもぜひ新しい趣味として始められてはいかがでしょうか。最後までお読みいただきありがとうございました。