東京のポートレート撮影スポットなら浜離宮恩賜庭園がオススメ!帰りに汐留駅周辺で撮ると更にベター!

浜離宮・汐留駅でポートレート

ポートレート撮影で重要なのはロケーション選び!無料で入れる人気の公園は人が多く、背景に人が映り込まないようにポートレートを撮るのはなかなか至難の業。それでいて背景がワンパターンになりがちで、ちょっと面白みに欠けてしまうことも…。。

そんな悩みを抱えているのら、汐留駅・新橋駅からほど近い浜離宮恩賜庭園でのポートレート撮影がオススメです!入園料はかかってしまいますが、人が少なく面白いロケーションがたくさんあるため撮影がとても捗ります!そして浜離宮恩賜庭園で自然と日本庭園を堪能したら、帰り際に汐留駅周辺で都会的に撮るのが推奨のポートレート撮影コースです!

コンテンツ
  1. まずは四季折々の花が咲き誇るお花畑で撮ろう!
  2. 緑の屋根の下でふんわり撮ろう!
  3. 日本庭園の風情たっぷりな橋の上で撮ろう!
  4. 汐留駅の周りでは雰囲気を変えて都市ポートレートを撮ろう!

[まとめ] 浜離宮恩賜庭園と汐留駅周辺をロケーション候補に加えよう!

1. まずは四季折々の花が咲き誇るお花畑で撮ろう!

浜離宮・汐留駅でポートレート

浜離宮恩賜庭園で絶対に外せないのは、四季の花を咲かせるお花畑!春にはナノハナ、夏から秋にかけてはコスモスがキレイに咲きます。ここではモデルさんにピントを合わせて花畑をボカして撮るというのがテッパンです。

浜離宮庭園の菜の花と雪

こちらは春に同じ場所で撮った菜の花畑です。また私もこの菜の花畑でポートレートを撮ったことはないので、次の春が楽しみです!ちなみにこの日は珍しく雪が降り、雪と菜の花の組み合わせを撮影することができました!

浜離宮庭園の菜の花と雪

冬と春の融合!雪の華舞う極寒の浜離宮庭園で春の足音を撮影しよう!

2019-02-10

2. 緑の屋根の下でふんわり撮ろう!

浜離宮・汐留駅でポートレート

お花畑での撮影が済んだら、そのすぐ近くにある緑の屋根の下で撮影するのがオススメです!この場所は屋根の下だけ少し薄暗くなり外からは柔らかい光が差し込んでくるので、逆光気味のふんわり写真が大好物な人にとっては格好の撮影スポットです。

浜離宮・汐留駅でポートレート

ちなみに緑の屋根というのはこの場所の正式名称が分からなかったので私が勝手につけた名前です。(汗)要はツタ状の植物で屋根のように這わせてある休憩スペースですが、どのたか正式名称が分かる方がいたら教えてください!

浜離宮・汐留駅でポートレート

3. 日本庭園の風情たっぷりな橋の上で撮ろう!

浜離宮・汐留駅でポートレート

浜離宮恩賜庭園は他の日本庭園と同様、写真映えする橋がたくさん設置されています。良い感じの橋があったらまず立ってもらう。これがポートレート撮影の鉄則(仮)です!

浜離宮・汐留駅でポートレート

橋で撮るポートレート撮影の醍醐味は、簡単に奥行きを感じさせる構図を作れることかなと思います。モデルさんに橋の色々な場所に立ってもらって、「これだ!」と思う構図を探してみてください。

浜離宮・汐留駅でポートレート

こちらは「潮入の池」に浮かぶ小島で撮影したもの。風情ある石畳の先にまた橋が続いている様子と、背景の奥から少しだけ高層ビル群が覗いているのがお気に入りポイントです。

4. 汐留駅の周りでは雰囲気を変えて都市ポートレートを撮ろう!

浜離宮・汐留駅でポートレート

浜離宮恩賜庭園でたっぷり自然と日本庭園のポートレート撮影を楽しんだら、帰りがけは汐留駅周辺で撮影をすると良いでしょう。場所はモノレール付近の歩道橋がオススメ。一気に都会に出ますが、休日ならそこまで人も多くないので落ち着いて撮影に集中できます。

浜離宮・汐留駅でポートレート

ちなみに汐留駅周辺のビル群は何となく洗練されたデザインで、青色(寒色)気味にレタッチしてあげるとカッコよさが際立つ気がします。いかがでしょうか?

[まとめ]浜離宮恩賜庭園と汐留駅周辺をロケーション候補に加えよう!

浜離宮・汐留駅でポートレート

ポートレート撮影は場所選びがたいへん重要ですが、慣れていないとなかなか良いロケーションが思いつかずに困ってしまいますよね。ぜひこの記事を参考に、浜離宮恩賜庭園と汐留駅周辺を候補に加えてみてください!

浜離宮・汐留駅でポートレート

ちなみに汐留駅周辺にはもう1つ有名な撮影スポットとして、「イタリア街」が有名です。都内にいながらにしてイタリアの街中を歩いているような気分になるエリアです。こちらでの撮影の記録もブログに綴っておりますので、こちらも参考にしてください!

SEL55F18Zでポートレート

SEL55F18Zでイケメン外国人をポートレート!SEL55F18Zの映りとボケには感動もの!

2019-06-07