ポートレート好き必見!有楽町は男性をカッコよく撮影できるベストスポットだった!

男性を撮影する時には、写真の露出をアンダー気味に設定して重厚感を出したいですよね。この点は露出をオーバー気味にしてフワっとさせる女性ポートレートの王道と異なることろです。

有楽町で男性ポートレート

そして重厚感を演出するためには、露出に加えて背景も重要です。緑や空もいいですが、都会のゴチャゴチャした感じを背景に撮影すると男性の力強さが伝わる写真に仕上がります。

今回は、そんな男性の力強さを演出する撮影ポイントをご紹介します。

コンテンツ
  1. まずは、モデルさんのご紹介
  2. 有楽町は男性を引き立てる背景の宝庫!
  3. [まとめ]男性ポートレート、撮りたくなってきた?

1. まずは、モデルさんのご紹介

今回のモデルは、日本とポーランドのハーフ、サムエルさんでした!表情やポーズのバリエーションが豊富ですので、撮ってて楽しいモデルさんです!

Instagramへのリンクを貼っておきますので、気になったら声をかけてあげてください!

2. 有楽町は男性を引き立てる背景の宝庫!

有楽町には工事現場・ガード下の飲み屋街・鉄道の橋の下など、重厚感たっぷりな背景の宝庫です。歩いていると「これでもか!」というくらいのステキな背景に出会えます。

下の写真は、JRの高架下で撮影したものです。石壁にオレンジ色の蛍光灯が当たっていた場所に立ってもらい、少しあおり気味で撮影しました。男性は少しあおって撮ると、挑発しているような雰囲気になってカッコよくなりますね。

さむえるさん

ISO:100 F値:1.8 SS: 1/100秒 焦点距離: 55mm

下の写真もJRの別の高架下で撮影したもの。現像時にすこしザラザラ感を乗せてフィルムっぽく仕上げてみました。背景はゴチャゴチャしているのですが、ピントと露出を被写体に合わせて被写体を際立たせています。

さむえるさん

ISO:100 F値:1.8 SS: 1/640秒 焦点距離: 55mm

こちらは有楽町駅近くの東京国際フォーラム東交差点からと東京駅方面へ向かう途中に撮ったもの。はとバスの営業所があるあたりです。現像時に少しコントラストを強め、彩度は落としています。

ISO感度を100に戻すのを忘れてしまってシャッタースピードが1/1600になってしまっているのはご愛敬ということで。

サムエルさん

ISO:400 F値:2.0 SS: 1/1600秒 焦点距離: 55mm

3. [まとめ]男性ポートレート、撮りたくなってきた?

さむえるさん

ISO:100 F値:1.8 SS: 1/4000秒 焦点距離: 55mm

先輩フォトグラファーに教わったことですが、女性ばかり撮っていてもポートレートはなかなか上達しないとか。男性や子どもも撮影することにより、アイディアの引き出しやスキルの幅が広がるのだそう。そのアドバイスに払拭されて挑戦した男性ポートレートでしたが、とても楽しかったですね。

是非みなさんも男性ポートレートに挑戦してみてください!