夜の神楽坂で情緒あふれる街並みを撮影しよう!+ オススメ写真スポット紹介!

先週末に日中の神楽坂をスナップしてきて、その街の魅力にすっかりハマってしまいました!夜になったらまた違う表情を見せてくれると思ったのですが、次の予定があったためタイムアップ。その日は日没までネバることができませんでした。そして先日、重たい機材を持って会社帰りに夜の神楽坂の撮影を敢行したのでした。

夜の神楽坂

ちなみに、前回の撮影の記録はこちらから!

兵庫横丁

神楽坂で風情たっぷりな街並みを撮影しよう!+ オススメ写真スポット紹介!(お昼編)

2019-02-26

なにはともあれ、神社仏閣を訪ねてみる

神楽坂に行ったら神社仏閣を訪ねてみるというのは、おそらく鉄板のルート!今回もご多分に漏れず、夜の神社仏閣を散策です!

善國寺 – ハート形の竹飾りがロマンチック

残念ながら既に門が閉まっていて中にはいることはできなかったのですが、何やら面白いものを見つけました。ご覧ください、ライトアップされたこのハート形の竹飾りを。

善國寺の竹飾り

ISO:320 F値:2.0 SS: 1/100秒 焦点距離: 28mm

門前にこんなフォトジェニックなものを飾るとは、フォトグラファーが泣いて喜びますね。足元には「神楽坂」と書いてあり、一発で神楽坂で撮影されたものだと分かります。夜の神楽坂撮影には必ず立ち寄りたいものです。

赤城神社 – 夜は静寂につつまれてなんだか神秘的

日中は観光客やカップルでにぎわう赤城神社ですが、夜は静寂に包まれていて厳かな雰囲気に一転していました。写真からもそんな雰囲気が伝わると嬉しいのですが…どうでしょう?

夜の赤城神社

ISO:2000 F値:2.0 SS: 1/80秒 焦点距離: 28mm

夜の赤城神社

ISO:2000 F値:2.0 SS: 1/80秒 焦点距離: 28mm

神社を照らすのは提灯の明かりしかないので、ISO感度を自分が許容できるギリギリのところまで上げて撮影するのがポイントです。とはいえ最小F値2.0のおかげで、ISOは2000までで済みました。やはり明るいレンズは正義です。

神楽坂のド定番 – 横丁散策

横丁散策も神楽坂の定番中の定番ですね。夜にはお酒を飲んだ人たちの往来も増えそうですし、昼とはまた違った雰囲気が楽しめそうです。

兵庫横丁 – 海外からの観光客も目を丸くする

この日は海外からの観光客もたくさん訪れており、兵庫横丁の雰囲気に目を丸くして驚いていらっしゃいました。小さな声で「うわーお!」と連呼していました。こういった路地はやはり珍しいのでしょうか。

夜の兵庫横丁

ISO:1600 F値:1.8 SS: 1/100秒 焦点距離: 55mm

夜の兵庫横丁

ISO:1600 F値:1.8 SS: 1/80秒 焦点距離: 55mm

昼よりも更に明暗差が強調されるので、人がいないタイミングで撮るとなんだか異世界のような雰囲気です。左上に登る階段の先は別の世界につながっているんじゃないか、そんなことを思わせます。

かくれんぼ横丁 – 足元の明かりを活かして撮る!

夜のかくれんぼ横丁は足元の行燈がすっごいいい雰囲気を醸し出しておりましたよ。何をどのように撮ってもそれっぽくなる、そんな場所です。非常に奥行きのある場所なので、前ボケ・背景ボケなどいろんな表現を試せるのもポイントかと思います。

かくれんぼ横丁

ISO:1000 F値:2.0 SS: 1/80秒 焦点距離: 28mm

かくれんぼ横丁

ISO:400 F値:1.8 SS: 1/80秒 焦点距離: 55mm

みちくさ横丁 – 夜の雰囲気は更に強烈

飯田橋と神楽坂をつなぐ小道から、更に路地に入ると存在するみちくさ横丁。昭和な雰囲気がたまりません。どうやら左手側にはラーメン屋さんがあるようで、酔っぱらったおじ様たちがシメのラーメンを目当てに入店していきました。私もいつか食べに行きたい…。

みちくさ横丁

ISO:1250 F値:4.5 SS: 1/100秒 焦点距離: 55mm

やはりメインストリートも面白い

平日夜のメインストリートは宴会の皆さん、デートの皆さん、そしてその人たちを乗せたいタクシーの皆さんでたいへんにぎわいます。そのような街全体の雑踏を撮影するのも楽しいですし、店先に出ているさりげない小物を撮影するのもアリです。

「昼から飲めます。朝から飲めます。」の看板の圧倒的な説得力…!!

神楽坂メインストリート

ISO:500 F値:1.8 SS: 1/400秒 焦点距離: 55mm

店先で焼かれるエビが香ばしい…。これは本当に朝まで飲んでしまいそうだ…。

神楽坂メインストリート

ISO:500 F値:1.8 SS: 1/400秒 焦点距離: 55mm

振り返り – 撮るものたくさん & 雨の日とかにまた来たい

夜の神楽坂も、昼の神楽坂に負けず劣らずフォトジェニックな街でした。ただ夜は人の往来が多くなるので周辺により気を配る必要があるのと、当然ながら光量が減るため昼に比べて撮影は難しかったですね。ちょっと消化不良気味なところもあるので、また夜の神楽坂をリベンジしたいと思っています!

神楽坂メインストリート

ISO:500 F値:1.8 SS: 1/80秒 焦点距離: 55mm

あと、雨の日なんかに来ても楽しそうです。石畳に風景が反射した様子なんかをスナップできると、面白い画が撮れるんじゃないかと思います。天気予報を見ながら、良いころ合いを見計らって雨の撮影散歩を敢行しようかと思います。