桜 × 菜の花 × ローカル鉄道!写真好きなら春の小湊鐡道へ足を運ぼう!

桜、撮ってますか?やはり春に撮りたいものNo.1は、なんといってもですよね。首都圏であれば千鳥ヶ淵・目黒川・六義園などが有名な桜撮影スポットですが、たくさんの人で混雑するしているし、撮った写真は他の人と似てしまいますよね。他の人と一味違った桜写真を撮りたいあなた!ぜひ小湊鐡道にも足を運んでみましょう!

桜 × 菜の花 × ローカル鉄道!それが小湊鐡道の魅力!

春の小湊鐡道

ISO:100 F値:6.3 SS: 1/1250秒 焦点距離: 55mm

小湊鐡道は千葉県の東京湾沿岸から房総半島内陸部を結ぶ路線。春になると桜と菜の花が咲き誇り、その間をかわいらしいローカル鉄道が走っている様子が何よりの魅力です。上の写真は小湊鐡道の「飯給(いたぶ)駅」という駅で撮影しました。

焦点距離は55mmで撮影しましたが、この写真はそこそこトリミングしてあります。もう少し望遠のレンズがあると良いかと思います。

春の小湊鐡道

ISO:100 F値:5.6 SS: 1/640秒 焦点距離: 55mm

上の写真も飯給駅で撮影したもの。何本かに1本、「里山トロッコ」といって機関車が車両をけん引しています。桜と機関車の組み合わせは最高です。

春の小湊鐡道

ISO:100 F値:5.0 SS: 1/640秒 焦点距離: 55mm

上の写真は、移動中に踏切の脇から撮ったもの。あまり有名な場所ではないからか、他にこの場所で撮影をしている人はいませんでした。自分だけの撮影スポットを探すのも面白いですね。

夜の桜ライトアップ!それが小湊鐡道の魅力!

小湊鐡道では、夜になると桜をライトアップしています。私はその時間まで残ることはできず断念しましたが、夜はライトアップされた桜が田んぼに反射している様子を撮影することができます。私の作例ではないのですが、ステキな写真を見つけたのでご覧ください!

[まとめ]春の小湊鐡道、撮ってみたくなってきた?

小湊鐡道、行ってみたくなりましたか?東京方面からであれば、小湊鐡道へはJR五井駅(総武線が便利)から乗り換えることが可能です。桜・菜の花の見どころは、飯給駅~養老渓谷駅の間で、このエリアへは五井駅から1時間ほどかかります。

春の小湊鐡道

ISO:100 F値:6.3 SS: 1/1250秒 焦点距離: 55mm

ただし鉄道は本数が少なく移動は制限されるので、クルマでの移動がおすすめです。マナーをきちんと守って、所定の場所に駐車しましょう。でもゆっくりローカル鉄道に揺られながら撮影旅を楽しみたい場合は、ぜひとも鐡道での移動をお勧めします!車両から眺める菜の花畑は絶景です!