ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでハリー・ポッターの世界観を撮影しよう!

2018年は遅い休暇をいただきまして、12月にロサンゼルスへ旅行に行ってきました。そこで、念願のユニバーサルスタジオハリウッドを訪ねることができました。ハリーポッターが好きなので、ぜひ行ってみたいと思っていたんです。

リアルに再現されたホグワーツ魔法学校

ホグワーツ魔法学校

そびえたつこの重厚な建物こそ、ホグワーツ魔法学校ですね。11歳の時に入学許可の手紙がこなくてガッカリしたのを覚えています。

この写真は焦点距離28mmの単焦点レンズで撮影しています。普段は55mmの単焦点レンズを愛用しているのですが、テーマパークで大きな建物を撮るとなると28mmくらい広角の方が便利ですね。

街並みも映画で見たままの雰囲気が再現されていてテンション上がる

映画で見たような街並みもリアルに再現されていて、ハリーポッターの世界観が好きな人にとってはたまらないクオリティです。下の写真は、そんな街並みの雰囲気を黄昏時に切り取ったもの。夕陽のオレンジと曇り空のブルーのコントラストが気に入っています。

ホグズミード村

街並みの写真を撮る時に難しいと感じた点は、どこで水平・垂直を決めるかということでした。建物の煙突は斜めに突き出している(しかも向きは建物によって違う)ので、どの線を基準にしてもバシっと決まる角度がありません。RAW現像時にも角度の調整は試行錯誤しましたが、それがなかなか楽しかったりします。

クリスマスムード

行った時期はクリスマスシーズンでしたので、ところどころクリスマスデコレーションがありました。ディズニーの華やかな感じとは違い、少しダークで重厚感を持たせた感じがハリーポッターの雰囲気にマッチすると思います。(しかし上の写真、背景の門をボカしすぎてしまったのが反省点です…)

プロジェクションマッピングの撮影は困難を極める…(-_-;)

ホグワーツ魔法学校をスクリーンにしたプロジェクションマッピングが行われていました。ホグワーツ魔法学校が本当に魔法にかけられたようになります。ぜひ足を運んでみてください!

ホグワーツ魔法学校のプロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングを撮るのは初めてだったのですが、なかなか難しいですね。ISO感度を上げたくなかったのでシャッタスピードを手持ち撮影ギリギリの1/80にしてしまったのですが、ゆっくりすぎて被写体ブレが起きてしまいました。もうちょっとプロジェクションマッピングの像をクッキリ映したかったです。潔くISO感度を上げておけばよかったと反省・勉強になりました。

ホグワーツ魔法学校のプロジェクションマッピング

ユニバーサルスタジオハリウッド、リベンジしたい。

実は当日は天気に恵まれず、曇りと雨が繰り返すようなイマイチな天気模様でした。それでもって写真の腕もまだまだだったので、実は消化不良を感じています。ぜひまたリベンジしたいと思います!まずはユニバーサルスタジオジャパンで練習かな~。

魔法の杖